Yosemite-2 山火事の跡

今年、8月17日に出火、消し止めたのは10月20日ごろ。  大変な山火事が起きた。

ハンターの日の不始末と言われているが、・・・アンセル・アダムスがいたらさぞかし怒っただろう。

a0247342_15182290.jpg

この赤で囲まれた範囲が山火事のあったところ。
  地図にスケールがあるが、3,6,12mile 表示で、10mile が無いのに10進法に慣れた身にはイラッと来る。 6mile~10km、12mile~20kmです(意外と親切なのかも?)。

Google Mapがこちら。
a0247342_15181111.jpg


上の地図で、下から1/3くらいの高さを左から右へ120号線が走っている、そして2/3くらいから右下へ、さらに、右角の右にある盲腸のようなところが、Yosemite Valley である。
両者を比べると少し分かるが、2つの地図の縦と横方向の倍率が微妙に違ったり、道も微妙なところが合わないのは、アメリカのおおらかさか?
そして、湖の周りで火事が止まっているのがわかる。


つまり、120号線を走った我々は、山火事のあった中を行ったわけだ。

途中で、木が黒かったり・・・、そして下車してみると。
a0247342_1532663.jpg

驚きだった。

こんな景色があった。  黒い柱が立っている。
そのアップは、
a0247342_15331246.jpg

コレは、Moreで見てください。  表面が炭化しているのが分かります。

また、もう助からないだろう木は、切ってあったりもします。
a0247342_15343477.jpg


道路わきは、何かが吹きつけられていて、木の途中までが薄い黄緑色になっていた。
a0247342_15352435.jpg

葉の黄色いのは、焼けて枯れている状態・・・もともと杉なので、葉は緑色。

近づいて見ると、ミズゴケのようなものが、吹き付けられていて、固定されている。
きっと、水分を維持するためだろう・・・、すでに再生の仕事が始まっていた。
   だが、処理をされているのは、道路からせいぜい5mほど。






悲惨な風景に驚きます。

ここでは、クリックして拡大できる写真を載せました。
a0247342_15413039.jpg

炭化しています。

こちらも拡大できます。  燃えたなかに少しの杉が残っているところを見ると、なんと家があります。
この家を守るためにきっと懸命の消化が行われたのでしょう。  よって、近くの杉が残されたわけです。
a0247342_15434574.jpg


まだ写真はありますが、悲惨なのでこのくらいにしましょう。

2ヶ月も消化にかかり、消防士も亡くなり、大変な火事でした。
[PR]

by mgm460 | 2013-12-27 15:47 | 今日の写真 | Comments(0)